CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.02.27 Tuesday

旅行記の写真をご覧ください

0

    カンボジアへ一人旅をして来ました。

    患者さんの皆様には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

    旅の中で撮影した写真をご覧ください。

    アンコールワットです

    アンコールワットは、日の出が有名ですが、ありきたりすぎるので朝日を見た帰りに振り返って見た時の写真を

    アンコール・トムのバイヨンです

    ここからは、村の子供たちと遊んだ写真です

    折り紙を買って行き紙飛行機を作って遊びました

    下の写真が、私のNO1です

    子供たちと一緒に写した写真は私の宝物です

    遺跡で木の実を拾っていた女の子めちゃ可愛かった

    カンボジアからの帰りの飛行機の中で書いた文を載せます

     

    日本よりは貧しいのは確かなことだ。何かして上げれることはあるのかな?などとおこがましい事も考えてみた。

    我々日本人の方が裕福かもしれない。しかし、子どもたちのあの屈託のない笑顔の方が幸せかもしれない。

    いろんな人に旅立つ前に言われた。

    「何でカンボジアに行くことにしたの?」

    「え、カンボジア?行って何するの?カンボジアってアンコールワットしかないんじゃないの?」

    「食べれる物あるの?お腹こわさないでよ」

    「地雷、踏まないように」

    などなど散々だった

    もちろん僕も少なからずはそんなイメージは持ったまま旅立った。

     

    もしもして上げる事としたら、多くの日本人が、思い描いているカンボジアのイメージを少しでも変えて上げる事のように思う。

     

    カンボジアの人は幸せです

    カンボジア料理は美味しいです

    カンボジアは癒しの国です

    カンボジアで受けたマッサージは、1番繁華街で1時間、5米ドルでした

    カンボジアの子どもたちは、幸せです

    カンボジアの人は、前の車がゆっくり走っていても、ほとんど車のクラクションを鳴らしません

    カンボジアは、もっと長く居たいと思える所でした

    もちろんカンボジアは見る所だらけです

     

    カンボジアの子どもたちは、いつも働いています

    例えば、物を売ったり、木の実を拾ったり、小さな子のめんどみたり

    それは、決っしてやらされているのではなくてそれが自然なことなのです。

    そうそう、なぜ、いつでもどこでも子どもがいるのか?

    貧しくて学校に行けないのか?

    いえ違うんです

    学校が小さいし先生も少ないから2部制なんです。

    だから、勉強をする時間は短いんですよね

    「うらやましい」何て思ってはいけないですよ。

    僕は今にして英語だけでもしっかりやっておけば良かったと後悔しています。

     

    僕の旅は、自分の目で見て自分がカメラを持ってファインダー越しに見たものを信じることにしています。

    今回のカンボジアの旅で見つけたものは、風景写真よりもその風景の中にいる子どもたちの笑顔の写真が撮れた時に最高の幸せを感じることができました。

     

     

     


    2014.11.25 Tuesday

    舟屋で有名な丹後半島の伊根町に行ってきました

    0
      23.24日と連休を利用して旅に出掛けて来ました。
      旅行記を下記サイトに書きましたのでクリックしてご覧下さい。

      http://4travel.jp/travelogue/10955439

       

      2014.10.21 Tuesday

      上高地と乗鞍高原の紅葉

      0
        10月19日、上高地と乗鞍高原の紅葉を見に行って来ました。
        どうぞ、写真でお楽しみ頂けたら嬉しいです。

        ‥賃綯8:00、霧氷に朝日が射し込んだ瞬間の写真です

        ▲ラマツの黄色と焼岳そして梓川
        (ローアングルでシャッタースピードをゆっくりにして撮影しました)

        2脇原兇ら1時間、明神岳と明神池です

        い海鵑覆海噺世Δ里睚僂任垢、綺麗でしょ!

        ヌ誠醒咾らは、梓川の西側の道で帰って来ました。
        上高地の定番の写真ですが、やっぱり外せませんね。
        (河童橋のすぐ手前からの写真です)

        さてさて、大正池を7:30に出て3時間コースを5時間で回り次なる目的地へ

        Δ海譴泙紳膵イな乗鞍高原です
        ネットで大カエデの紅葉の様子をチェックしてジャストタイミング
        乗鞍岳の剣ヶ峰も誇らしげにそびえています。

        大カエデは、貴婦人のように真っ赤なドレスで僕を迎えてくれました。
        知らない女性を勝手に撮ってしまいました。ごめんなさい

        ┐泙い瓩涼咾蓮風がやみ鏡にと変身しました

        善五郎の滝までの黄色の道を歩くのは、何年ぶりでした。
        やっぱ、気持ちいい!

        まぁ1枚

        善五郎の滝

        湯けむり館で一風呂浴びて浜松へ

        2013.09.29 Sunday

        バリ島、研修旅行を終えて

        0
          三度目のバリは、すべてが勉強になり次へのステップとなった。

          旅は、人との出会いの中から、何を感じこれからの自分にどう活かしていくかが大切なのだ。
          そう言う意味では、バリ島は、異文化と自分自身を原点に返してくれるのには、最もふさわしい場所だ。
          笑顔でのおもてなし、
          セラピスト達のマッサージのテクニックの違い,
          レストランでは、食事もさることながら、インテリアの一つ一つまでをもに心を配り、私達を迎えてくれる。
          歴史と文化を大事にして生きて行く姿に、私の心が穏やかになって行った。
          しかし、一方では、すきあらば、金儲けの為に自分自身を主張しながら、必死に生きて行く姿に関しては、それはそれで、いいではないかとも感じる。

          多くの日本人が海外で活躍している。
          それは、一歩の踏み出しと、そこでの出会いを大切にしたお陰で、今があるのだろう。

          町から遠く離れた人達は、子供から年寄りに至るまで、穏やかな顔で暮らしている
          いったい、私は毎日の生活の中で穏やかな顔で暮らして居たのだろうか。
          町はエネルギシュに人々は働き、バイクが好き勝手に飛び交っている。

          どんな人でも、当たり前のように英語を話し、日本語も貪欲に勉強している。

          私は、これからどこに向かい歩いて行こうとしているのか?
          その疑問に対して、今度の旅で見えてきたものがあった。

          若かったあの頃に見ていた夢があった。そして今の仕事の30年の歴史の中で、整理しておかなければならないこともはっきりした。
          そして、天性の仕事の中で方向性を見付けることもできた。
          60才まで後4年で種蒔きから始めて、自分自身の花を咲かせてみよう。

          身体と心が癒やしを求めている人に明るい光を差し伸べて上げたい。


          まだ高校生であった自分が、アルバイトをして貯めたお金で旅を始め、いつか、若者が
          「あそこに行けば、あのオヤジがいる。あのオヤジと話がしたいから、あの宿に行く」
          そんな自分に成りたかった。
          今、接骨院の仕事を30年、もしかしたら惰性でやって来た。
          これから先の残す人生は、今までの経験を活かしながら、今までの自分の罪の恩返しの為に、生きて行こう。
          そのためには、たくさんの本を読み、たくさんの旅の中から人と出会う。
          人の心と体の癒しのために、あらゆる分野を勉強して行こう。
          もちろん、家族を養う事とか、健康保険などの色々な分野でしがらみが出てくるのは付いて回るだろう。

          道に迷った時、身体のバランスが崩れ疲れた時に、またバリ島に戻って来よう。

          9月24日 バリ島からの帰りの飛行機の中で

          旅行記は、下記写URLをクリックしてください。
          http://4travel.jp/traveler/nahorina13/album/10816503/

           

          2012.09.02 Sunday

          おわら風の盆

          0

            何年越しの恋人に会うような思いで出掛けて来ました。
            Facebookに写真を載せましたのでご覧になって下さいね


            2012.08.23 Thursday

            ハワイに行って来ました

            0
              1日目です 写真をクリックしてください 2日目です 写真をクリックしてください 3日目です 写真をクリックしてください 4日目です 写真をクリックしてください

              2012.05.09 Wednesday

              花桃の里 & 駒つなぎの桜

              0
                 南信州阿智村の花桃の里とすぐ近くの駒つなぎの桜の写真です





                なんで一つの枝から白や赤、混ざった色の花が咲くのか不思議です。
                白とピンクが仲良く並んで咲いていました。





                ちょっとだけ遅かったけど一本桜、堂々としてました。
                5月3日撮影

                2012.02.23 Thursday

                旅行記を見てください

                0
                  旅行記を見ってください

                  ここをクリックしてください


                  ヴァチカン一日目の動画

                  ブラノー島etcの動画

                  ゴンドラの動画

                  venetiaカーニバルの動画


                  2012.02.22 Wednesday

                  19日に無事に帰国しました

                  0
                     旅行記をアップしたのでぜひ見てください
                    ヴェネチアの1日目

                    ヴェネチアの2日目

                    ピサ・フィレンツェ

                    見た方は、一番下の投票するをクリックしてね。

                    2012.02.18 Saturday

                    Grazie. ITARA

                    0
                      __.JPG
                      サン・ピエトロ大聖堂では、ミサが行われていてすごい人でした。
                      今日まで8日間、天気にも恵まれ、出会った人達にも恵まれました。
                      娘は、夕べの食事中「帰りたくない」
                      と呟いていました。
                      この言葉が、すべてをものがっている様に思います。
                      もうすぐ、ローマを飛び立ち日本に向かいます。
                      どうか、日本の皆さん笑顔で迎えて下さい。



                      | 1/7PAGES | >>